« ドゥームスデイ | トップページ | 痛恨のミス »

2011年10月 8日 (土)

トゥルー・グリッド

なんだか退屈な映画でした
ストーリーは、かなり西部劇の王道なんですが
盛り上がり無いし
主人公に感情移入も出来ないし
ちょっと面白くなってきた?と思ったら
あっさり一気にラストに突入するし
どうなんでしょ?

ちょっと調べてみると
アメリカでは結構いい興行収入なんですね
アメリカ人は面白いと思うのかな
日本人が、面白いか面白くないかは別として
水戸黄門見るのと同じなんだろか?
まぁ、水戸黄門が映画になったとしても
私は見に行きませんがw

監督は有名な?コーエン兄弟
あとは、マット・デイモン出てます
マット・デイモン、懐が深いというか
演技が良いというか
映画によって、ほんとに違った役作りが出来て
すごい俳優だなと思います

|

« ドゥームスデイ | トップページ | 痛恨のミス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドゥームスデイ | トップページ | 痛恨のミス »