« すでに暑さの限界 | トップページ | 目の下の影 »

2011年7月14日 (木)

娘の保育園の話

私に似てか、私”たち”に似てか
保育園に迎えに行った時に見ると
みんなと一緒に遊ぶって感じではなく
側に居るけど一人遊びしてる感じ

親から見ても微妙って感じ以上に
どんくさいというか
運動神経無いねって感じなので
活発な同じクラスの子なんかは
上り棒を上までいけたりして
付いていけないのかなぁと
ちょっと悲しくなったりする

あまり保育園での出来事を語らない娘ですが
○○ちゃんにもう遊ばないって言われたとか
○○君に叩かれたとか
そういう話をぽろっとすることがあって
心を痛めるのですが
叩かれたのならやり返せとは言ってる私w

とりあえず、パンチの練習しようと
ぐるぐるパンチじゃなくて
正拳突きを教えてみた
これがアンパンチだよ~って
もし、叩かれて止めてって言ってもダメなら
アンパンチしなさいと

後日、叩かれたと言ってたので
アンパンチした?って聞いたら
「アンパンチしたら、叩かれた人痛いでしょ!」
おぬしは優しいのぉ
でも、それじゃ人生損するよ、私みたいに・・・
人生、ちゃっかり生きなさいね

|

« すでに暑さの限界 | トップページ | 目の下の影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すでに暑さの限界 | トップページ | 目の下の影 »