« 抜群のタレ | トップページ | インフルエンザの注射 »

2009年10月20日 (火)

住宅ローン控除

家を購入すると、ほとんどの人がお世話になる住宅ローン
今は金利も以前と比べ、ぐっと安くなっていますが
長期レートはやや上がり気味?
それでも、住宅ローン控除を考えると
1%未満の利子のところも多いのでは?

さて、その住宅ローン控除
借り入れ利率が1%未満だと適用外ですw
つまり、1.05%だと、最大?最小?で0.05%の利率
でも、0.95%だと、そのまま0.95%
最大?最小?と書いたのは
源泉される所得税(+住民税)が借入残高の1%より
多い場合のみだからです

2500万の年末残高だとすると
最大控除額は25万円
平成19年、20年建以外は住民税からも控除できるので
所得税と住民税が25万以上課税だと、1%まるまる控除されます
が、それ以下だと、当然控除額は課税される税金が上限ですので
1%未満になってしまいます

あと、10年以上のローンであることも大事
繰上償還して、例えば、最終的に
借入実行から、10年以内に返せてしまったら
ローン控除の対象では無くなります

例えば、15年ローンを組んだとしましょう
3年目に大きく繰上償還をして
残り5年で返済出来る残高となりました
すると、残り5年は残念ですが、ローン控除の対象となりません
罠ですねぇ

さてミンスが政権を取ってから、扶養控除廃止とか
かなりの増税になることが予想されますが
住宅ローン控除も廃止の可能性があります
遡って廃止はありませんが
今後家を購入する方は不利になるのかも・・・
とりあえず来年度に関しては
中古住宅を購入して、さらに入居前にリフォームをした場合
リフォーム代金も控除金額に計上できるようになるらしいです

今回は、まじめな話題でした♪

|

« 抜群のタレ | トップページ | インフルエンザの注射 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 抜群のタレ | トップページ | インフルエンザの注射 »