« 集団感染 | トップページ | 持病の発動 »

2008年12月17日 (水)

ブラッド

ルーシーリュー主演のヴァンパイアもの
割りと内容も一般的な王道っぽいストーリー
ちょっと違うのは、吸血鬼が強くもないし
牙もない
昼間も平気っぽいしね
鏡に映らなかったりするんだけどね

この映画って本来はTVドラマっぽい設定なのかも
登場人物の設定があまりにもなさすぎで
キャラに魅力ないし、どういう人物なのか分からない
ぱっと出てきて、ぱっと死んじゃうヴァンパイア
5人敵っぽいんだけど、ほんとあっという間に死んじゃうし
殺しちゃって・・・とあっさり言ってあっさり死んじゃうw

最後のシーンで100%予想通りに展開で
主人公復活するけど、復活するから殺せば?って感じだったのかな?
じゃ、復讐できてないし・・・

話は変わるけど
ルーシーリューってほんと・・・あれだよね、顔が
ど真ん中ストライクであっち系
作中でアジア系って言ってたけど
アジア系じゃなくて、某特定地域だよね、あっち系

|

« 集団感染 | トップページ | 持病の発動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 集団感染 | トップページ | 持病の発動 »