« ブルジョアの響き | トップページ | 昔のことわざ »

2008年1月15日 (火)

どろろ

かなりの問題作なのに
よく映像化できたなと感心です
とりあえず、柴崎コウのどろろは
見えないことにして
妖怪と戦うシーンは仮面ライダー?とか思うし
妖怪に食われた?はずの中井貴一が突然自分を取り戻すのも
どうなんだい?って感じですが
意外と見れます、面白いです
なにがどう面白いのか、具体的に分からないけど
不思議と見れるんですよねぇ
昔原作を読んだっきりなのでちょっと覚えてないのですが
川に流された時に心臓も無いのに生きてたわけで
じゃ、無理に心臓とか作る必要ないんじゃないのって
思っちゃうのは反則なんでしょうか

☆☆☆☆☆☆

|

« ブルジョアの響き | トップページ | 昔のことわざ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルジョアの響き | トップページ | 昔のことわざ »